nhap_cung

女性にうつが多い理由

many black and white on the table

一般的に、女性は男性の2倍もうつになりやすいと言われています。
これは「女性脳」「男性脳」なんて言葉があるように、男女で脳の使い方が違うから。
男性は基本的に何か作業をしている時は、その作業のことだけを考えています。
でも女性は、作業をしながら色々なことを同時に考えることができるんです。
こんな風に言うと、同時に色々な考え事ができて、仕事も効率的にこなしていけそうなものですが、
例えば何か1つ悩みがあったり、気になることがあったりすると、何をしていてもそのことを考えてしまうということ。
脳が器用に同時に複数のことを考えられるばっかりに気分転換をするのが難しいんです。
それに、女性は人間関係が男性に比べてより複雑。
男性からしたら「そんなことどうでも良くない?」と思うようなことでも、女性たちの中ではとても重要なことだったりするんです。
普通に過ごしているだけでもあらゆる神経をすり減らしながら生きているんですね。
また、女性がうつになりやすい原因として大きいのが、毎月訪れる月経です。
正確に言うと月経前に起こる「月経前症候群」です。
女性全員が月経前症候群になるわけではありませんが、女性のほとんどは月経前にうつと同じような気分の落ち込み、焦燥感やイライラを感じていると言われています。
何か嫌なことがあったわけでもないのに、毎月月経前になるとうつに似た症状になる。
本当にうつになってしまわないように、上手に付き合っていく必要があります。
うつ病の治療には抗うつ剤、抗不安剤などの投与が必要となりその種類も様々です。
ポピュラーな医薬品ではデパスであり、そのジェネリック医薬品であるエチラームも安全性が高く服用する方も多いです。
エチラームなどのジェネリック医薬品は病院の処方ではなく海外医薬品の通販サイトを利用して入手できます。
他にはうつ病だけでなく統合失調症などにも効果があるエビリファイやレクサプロなどの医薬品もあります。
安全性が高いとはいえ、過度の服用をしてしまうと副作用による依存性が出てしまう恐れもありますので決まった錠数の投与、もしくは医師と相談しながら服用することが必要です。

抗うつ剤の種類や効果について確認する

毎月必ずやってくる

a syringe lying on many pills

うつを発症している女性が、月経前症候群を併発してしまうと、よりうつの症状を悪化させてしまうことになります。自分でどうしようもない気分の落ち込みは、薬で治療していく方法もありますよ。

自然な眠りを誘う

an old woman is thinking

うつの症状として「不眠」があります。気分が落ち込んでいるからこそ早く寝てしまいたいのに全く眠れない。これではストレスがたまる一方です。デパスなら睡眠薬とは違って自然な眠りに導いてくれるのでおすすめですよ。

上手に付き合う

a man is panic

デパスの副作用は「依存症」。デパスを飲まないと辛くなってしまうようになったら元も子もありません。デパスは毎日決まった時間に飲むのではなく、本当に辛くなった時に頓服薬として飲むのがおすすめです。